自己破産の手続きについて

自己破産について, 自己破産の疑問 コメントは受け付けていません。

債務整理には、任意整理や特定調停などいくつかの種類があります。ですから[借金が返せない=自己破産]とは限らないんですよ。自己破産というのは最終的な手段ですからその必要が無いなら他の方法を選んだ方が良いんです。ただ、その見極めというのは難しいので弁護士さん、司法書士さんに相談してみるといいでしょう。電話での無料相談を受け付けている事務所もたくさん存在しますからそこで現在の借り入れの総額や収入の総額を伝えれば貴方にはどの債務整理が合っているのかということを教えてもらえますよ。借り入れ額が少ないとか収入が多くて借りているお金を十分払っていく余裕があると見なされてしまうと自己破産はできないんです。目安としては年収の1.5倍以上の借金があれば自己破産の対象となるそうですが、あくまでも目安ですのでそれが絶対とは限らないんですけどね。

自己破産が適応されると言われた場合は正式に契約を交わして手続きを進めていくわけなんですが、自己破産の場合は所持している財産を全て処分しなくてはいけないという義務があります。ですが、ここで一つの疑問が出てきませんか?

債務者の配偶者の財産はどうなるのか...。

そうですよね?同居しているとなれば夫婦共同で買ったものだって出てくるはずです。自己破産の手続きの際に収支表の提出が求められるのですが、そこには同居人の収入額を書く欄もあるんですよね。それも合算した上で返済が可能かどうかという最終的な判断を裁判所が下すそうです。同居人の自己破産に社会的な影響はなかったとしてもこういった面では完全に無関係ということではないんですよ。heya

ここで大事なのが「名義が誰になっているのか」ということ。たとえば債務者の名義でローンを組んで購入したマイホーム、車は処分の対象になります。これは債務についても言えることなのですが、実際に借りたのが債務者であったとしても他人名義の債務は整理の対象外とされてしまいます。

財産については夫婦別々の権利というものも存在するそうなので結婚前に購入したものや結婚後でも配偶者が自分名義で個人的に購入したものに限っては処分しなくてもいいとされているようですよ。ちなみに、債務者は最低でも7年は使用することができないとされているクレジットカードも配偶者は普通に使用できるみたいです。

自己破産できない理由とは?その2

自己破産について, 自己破産の疑問 コメントは受け付けていません。

自己破産イメージ自己破産とは、借金の返済がどうしてもできない場合の最後の手段です。自己破産の許可が下りれば借金の返済が免れます。しかし、誰でも何でも自己破産が許可されるわけではないのです。前回はこの「免責不許可事由」について調べましたが、今回はその続きです。いろいろ調べると勉強になりますね。

まず、過去に自己破産の申し立てをして免責が許可されて7年以内にまた自己破産の申請をした場合は、許可されません。借金が返せなくてもまた自己破産したらいいだろうなんてあまい考えではいけませんからね。民事再生についても同様で、民事再生の許可が決定されてから7年以内だと自己破産は許可されないそうです。次に、不正な手段で破産管財人などの職務を妨害した場合。これは駄目でしょう。もちろん不許可ですね。

次、破産法に定める義務に違反した場合。破産者の義務というのは、重要財産の開示義務・説明義務・免責調査への協力義務などがあるらしいです。義務ですので、果たさないと許可されません。業務や財産に関する書類や帳簿を隠したり偽造や変造しては駄目ですし、裁判所の調査に嘘をついたり説明を拒んだりしては駄目です。

うそをつかない・隠さない・ジャマしない。当たり前のことですが、これを守らない破産者がいるのでしょうか‥‥

リボ払いと自己破産

自己破産について コメントは受け付けていません。

クレジットやローンで借り入れをしすぎていませんか?

クレジットやローンの返済方法には、一括払いや希望する回数で返済する分割払い、毎月ほぼ一定額で返済するリボ払い、ボーナス時に1回で返済するボーナス一括払い、ボーナス時に返済額を増やす分割払いのボーナス併用払などの方法があります。リボ払いを選択するときは注意が必要らしいですよ。リボ払いは毎月の支払いが少額で済むので、返済負担が実感できにくいらしいです。そのため借り入れを繰り返してしまいがちになり、気づけば多重債務に陥っていたというケースがよくあるそうなのです。多重債務を防ぐには借りないことが一番大切ですが、どうしても借り入れが必要になってしまうときがあるかもしれません。その時が来る前に現在の借り入れをしっかりと整理して把握しておくことも重要です。

クレジットやローンを利用しすぎていませんか?
今お金を借りて、返済するあてはありますか?
いらないクレジットカードを作っていませんか?
きちんとお金を管理していますか?
その借り入れは他の借金返済に当てるつもりではありませんか?

自己破産とは、裁判所を通じて債務の支払いを免責してもらうことです。あまり良いイメージはないかもしれませんが、新たな生活をスタートさせるための支援制度でもあるそうです。不動産などの換金可能なものは処分されてしまいます。必要最低限の家財道具などは処分されません。破産宣告後に得た収入は自由に使えます。

自己破産のイメージ

自己破産について コメントは受け付けていません。

皆さんは、自己破産といえば、どんなことを思いうかべますか?自己破産というとイメージがすごく悪いように思います。自己破産自体、いいことではないので、しょうがないかもしれませんが、じっさいより悪いイメージを自己破産にいだいている人が多いように感じます。自己破産といえば、人生の終わりのような、自己破産するくらいなら、夜逃げや死を選ぶといった人がいるくらいですからね。自己破産すれば、仕事も家も何もかもなくしてしまうと思われているようですが、はたして、自己破産とはそんなに悪いものなのでしょうか?自己破産とは、借金に苦しんでいる人を救済するためのものなのではないのでしょうか?たしかに、多額の借金から解放されるには、デメリットがないわけではないでしょうが、自己破産には実際よりもデメリットのイメージが強いように思います。おそらく、ドラマなどでの自己破産の描かれ方にも問題があるのではないでしょうか?自己破産というのは、本来、全ての借金をゼロにして、新しく人生をやり直せるといった素晴らしい制度のはずです。別に、自己破産を勧めているわけではありませんが、多重債務などで苦しんでいる人は、自殺や夜逃げといった道を選んでしまうくらいなら、自己破産した方がいいのではないかな?と思います。しかし、自己破産などせずに、自分で借金をきっちり返済するのが一番いいのですがね。それをわかっていてもどうしても無理な場合には自己破産という道もあることを忘れてはいけません。