自己破産のメリットとデメリット3

自己破産のメリットとデメリット コメントは受け付けていません。

自己破産すれば、資産などは差し押さえにあうようですが、自己破産後に得た資産は自分の好きにすることができるそうですよ。こうやって考えていくと、意外に自己破産についてのデメリットというのは大したことがないのかもしれません。この程度のデメリットで、自己破産ができ、人生をやり直せるのであれば、とてもいいですよね。しかし、自己破産の手続きの際に、一時的に資格を失う職業といのがあるそうです。自己破産の手続きが完了するまで職を離れないといけないのは、生命保険の外交員や警備員、弁護士や司法書士などといった仕事の方です。こういった職業についている人たちは、自己破産が完了するまで仕事を離れる必要があるそうなんですよね。また、自己破産というのは、誰でもできるものではありません。自己破産するには、破産と免責という2つが認められることが必要なんだそうです。この2つが認められると、払えないことと払わなくていいことが認められるそうなんで自己破産ができるというわけです。しかし、免責不許可事由というものがあって、ウソの申告や借金の理由がギャンブルなどであった場合には、免責が認められず自己破産できないそうなんです。そうなると、払えないのはわかったが、払っていきなさいといったことになるようですね。債務整理には自己破産の他にも民事再生や任意整理、特定調停といったものがあります。ですので、自分にあった債務整理をおこなう必要があるようですね。

自己破産のメリットとデメリット2

自己破産のメリットとデメリット コメントは受け付けていません。

自己破産した場合のデメリットとして、自己破産後の約7年程度は、新しく借入ができないといったことやクレジットカードが作れないといったことがあります。これは、今の世の中では少々不便ですよね。しかしこのデメリットで借金から解放されると思えば、大したことではないのかもしれません。それに、そもそも自己破産する原因となったものであるのですから、その方がいいのかもしれませんよね。この、新しい借入とクレジットカードの作成というのは自己破産以外の他の債務整理をおこなった場合も同じようですよ。自己破産をした場合は、破産者名簿というのに名前が載ってしまいます。これもデメリットではありますが、この破産者名簿というものは非公開のものなんだそうで、ここから周りに、自己破産したことが知れるといったことはなさそうです。また、政府が発行している官報というものにも自己破産した人の名前や住所が載るそうです。しかし、この官報というものは、新聞のようなもので毎日毎日、大量なデータが掲載されているようで、すみずみまでチェックしているといった人は周りにいないでしょう。なので、ここから周囲に、自己破産したことが知れるといったこともなさそうですよ。なので、自己破産しても周りの人間に必ず知れるといったわけではないようです。それに、自己破産しても海外旅行にいくこともできますし、引っ越しも自由にすることが可能です。たまに自己破産すれば、海外に行けなくなると思っている方がいるようですが、そんなことはありません。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットとデメリット コメントは受け付けていません。

自己破産のイメージといえば、悪いものでしかないといった人もいるかもしれません。本当の自己破産のデメリットについて書いていこうと思います。まず、自己破産すると、確かにマイホームなどの資産が差し押さえられます。給料や退職金の一部も差し押さえられることがあるようですが、それらはせいぜい4分の1程度なんだそうですよ。また、自己破産したからといって、生活に必要なものまで全て差し押さえられるといったことはありません。自己破産は人生をやり直すチャンスなわけですから、生活するのに必要なものは残してもらえます。また、マイホームではなくて、賃貸の場合、自己破産したからといって、すぐに追い出されるといったことはないようです。賃貸契約の際に、そういった内容の契約をおこなっている場合もあるようですが、自己破産したことが貸主に知れることがあまりないようなんですよね。なので、自己破産してもそのままの場所で生活をできる可能性が高いようです。それに、自己破産したからといって、会社をクビになるといったことはないようです。自己破産を理由にクビにはできないようになっているそうなんですよね。それに、会社にも自己破産したことが必ず知れるといったことはありません。なので、自己破産しても、自己破産したことを知られずに、普段通り働いていくことが可能なようですよ。しかし、自己破産したことが会社に知れた場合、居づらくなって、自分から退社してしまうといった場合があるようです。