債務整理には自己破産のほかに、民事再生というものがあるので、今回は自己破産ではなく、民事再生のお話をしていきますね。民事再生というのは、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらえる制度なんだそうですよ。自己破産と違って、マイホームを手放さずにすみますし、手続きのあいだ離れないといけない職業といったものもありません。また、自己破産のように借金の理由を問われないので、ギャンブルで作った借金などに関しても減額してもらえるそうなんですよ。なので、自己破産できなかった人や、どうしても自己破産したくないといった人に向いている債務整理と言えるでしょう。しかし、住宅ローンだけは減額してもらえないので、住宅ローンに苦しんでいる人には、あまり効果がない債務整理といえますね。民事再生では、自己破産と違って、借金がゼロになるわけではありません。借金は減額されるだけなので、その後も返済し続ける必要があります。民事再生によって、減額された借金をその後約3年程度をかけて、毎月支払っていくことになるようです。ですので、民事再生ができるのは、安定した収入が継続してあることが条件になるようなんですよね。安定して収入がある場合であれば、年金受給者や自営業者でも問題ないそうですよ。自己破産は、どうしても全く支払うことができない人がするもので、全額は無理でも、減額してくらたら、少しずつ返済していけるといった収入のある人は民事再生になるようです。