債務整理には、自己破産や民事再生の他に任意整理というものもあります。任意整理とは、自己破産や民事再生と違い、裁判所を通さずに、債務者と債権者の話し合いによって今後の支払い内容が決められます。なので、手続き自体は、自己破産などより簡単ではあるようですが、債権者の姿勢によっては、話し合いが難航する場合もあるようです。この任意整理では、自己破産とは違い、支払うことを前提におこなうようです。利息まで支払うことはできないが、元金のみなら支払えそうですといった人がおこなうようですね。自己破産や民事再生と違い、債権ごとに、貸金業者などと1社ずつ交渉をおこなっていくことになるようなので、どれを交渉するかを決めることができます。ですので、このまま支払っていくものと任意整理するものを選ぶことができるようですね。また、債権者によっては、元金の減額にも応じてくれるところがあるようです。この任意整理は自己破産などと同じで、債務者本人がおこなうことができるようですが、その場合だと債権者が強硬になる場合もあり、全く交渉に応じないなどといった態度にでるようなところもあるようですし、必要書類の開示にも応じないとったところもでてくるようなので、弁護士や司法書士にきちんと依頼して、おこなってもらうのがいいようですよ。債務者本人が交渉するよりも残金が減るといった場合もあるようですからね。また、交渉がうまくいかなければ、裁判といったことにもなるようですので、最初からプロに任せるのがいいように思います。