自己破産などの債務整理をする人が増えている理由として、キャッシングの手軽さがあると思います。また、なかなか借金のことを相談できないといった人も多いようなので、そういったことも原因のひとつになるのではないでしょうか。相談した時にはすでに道がなかったといったようなかたちになる人がいるようです。今は、キャッシングが本当に手軽にできるようになりました。わざわざ店頭に行かなくても、無人契約機やインターネットなどを利用して、簡単にお金を借りることができるのです。しかし、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。簡単に借りることができるようになっても、返すのが簡単になったわけではありません。なので、キャッシングをおこなう前に、もう一度、本当に今、そのお金が必要なのか?ということを考えてみるのがいいでしょう。お金は、借りた額を返せばいいわけではありません。必ず利息というのがついてきます。ですので、借りる前に、返済計画というのもしっかり立てることが必要ですよ。その返済計画が実行できなさそうであれば、キャッシングをあきらめるのが身のためだと思います。無理なキャッシングをしては、その返済のためにまた、新たにキャッシングをするといったことになりかねません。そういったことを繰り返すうちに、借金の利息だけを返すのが精いっぱいといった状況になり、自己破産などの債務整理をしなければいけないといったことになる人が多いようですよ。なので、借金の自転車操業だけは絶対にやめましょう。