自己破産をする場合は、司法書士より弁護士に依頼するのがいいですよ。なぜなら、司法書士にはできることに限りがあるからなんです。司法書士とは元々、登記や書類作成が仕事なので、裁判などは弁護士と同じような権利がないようなんです。しかし、弁護士の数というのは圧倒的に不足しているようで、最近は司法書士が弁護士と一部同じような権利がもてるようにといった動きもあるようです。今は、簡易裁判でのみ司法書士は弁護士と同じような権利をもっているそうですが、地方裁判所などでは、訴訟代理の権利がないようですので、司法書士に自己破産などを依頼しても、書類の作成はしてもらえますが、申し立ては自分でおこなうか、弁護士に依頼し直す必要があるそうなんですよね。自分で自己破産の申し立てをおこなう場合と弁護士に依頼して自己破産をする場合とでは、その後かかる費用というのが違ってくるそうです。借金の理由を調査するのや、資産の差し押さえなどに、裁判所に支払う費用というのが大きくかわってくるそうです。ですので、自己破産の場合は最初から弁護士に依頼するのがいいように思います。また、民事再生についても司法書士は申し立てができませんので、弁護士に依頼するのがいいと思います。任意整理であれば、司法書士に依頼するのもいいと思いますが、債務整理をおこなおうと思ったときに、どの債務整理をおこなえばいいのかわからないといった場合は、最初から弁護士に依頼するのがいいのではないでしょうか?