債務整理には、自己破産や民事再生、任意整理の他に特定調停といったものもあります。この特定調停というのは任意整理の裁判所を利用する版といったかんじのようです。ですので、弁護士や司法書士に依頼する費用がなく、専門知識のない債務者でも、間に裁判所がはいってくれるので便利なようですよ。また、弁護士に依頼するとしても他の自己破産などに比べるとかなり安くすむようです。しかし、この特定調停では、調停後に調停調書というものが作成されます。ですので、その後、決められた通りの支払いができなくなると、その調停調書に基づき、ただちに給料などを差し押さえられることになるようですよ。特定調停に限らずですが、自己破産以外、その後も支払っていくといった場合は、支払える金額ギリギリに設定するのではなく、少し余裕をみて設定するのがいいように思います。自己破産以外の民事再生や任意整理、特定調停では、その後約3年程度かけて支払っていくことになるので、そのあいだ払っていける金額というのを考えるべきのようですよ。また、これらの債務整理では、一緒に過払い請求もできるそうですよ。過払い請求といえば、CMでも頻繁に流れていますよね。この過払い請求というのは、払い過ぎたお金がもどってくるといったものですが、完済し終えている人でも請求することができますし、まだ支払っている途中の人は、元金が少なくなる可能性がありますので、確かめてみましょう。