自己破産イメージ自己破産とは、借金の返済がどうしてもできない場合の最後の手段です。自己破産の許可が下りれば借金の返済が免れます。しかし、誰でも何でも自己破産が許可されるわけではないのです。前回はこの「免責不許可事由」について調べましたが、今回はその続きです。いろいろ調べると勉強になりますね。

まず、過去に自己破産の申し立てをして免責が許可されて7年以内にまた自己破産の申請をした場合は、許可されません。借金が返せなくてもまた自己破産したらいいだろうなんてあまい考えではいけませんからね。民事再生についても同様で、民事再生の許可が決定されてから7年以内だと自己破産は許可されないそうです。次に、不正な手段で破産管財人などの職務を妨害した場合。これは駄目でしょう。もちろん不許可ですね。

次、破産法に定める義務に違反した場合。破産者の義務というのは、重要財産の開示義務・説明義務・免責調査への協力義務などがあるらしいです。義務ですので、果たさないと許可されません。業務や財産に関する書類や帳簿を隠したり偽造や変造しては駄目ですし、裁判所の調査に嘘をついたり説明を拒んだりしては駄目です。

うそをつかない・隠さない・ジャマしない。当たり前のことですが、これを守らない破産者がいるのでしょうか‥‥