自己破産のイメージといえば、悪いものでしかないといった人もいるかもしれません。本当の自己破産のデメリットについて書いていこうと思います。まず、自己破産すると、確かにマイホームなどの資産が差し押さえられます。給料や退職金の一部も差し押さえられることがあるようですが、それらはせいぜい4分の1程度なんだそうですよ。また、自己破産したからといって、生活に必要なものまで全て差し押さえられるといったことはありません。自己破産は人生をやり直すチャンスなわけですから、生活するのに必要なものは残してもらえます。また、マイホームではなくて、賃貸の場合、自己破産したからといって、すぐに追い出されるといったことはないようです。賃貸契約の際に、そういった内容の契約をおこなっている場合もあるようですが、自己破産したことが貸主に知れることがあまりないようなんですよね。なので、自己破産してもそのままの場所で生活をできる可能性が高いようです。それに、自己破産したからといって、会社をクビになるといったことはないようです。自己破産を理由にクビにはできないようになっているそうなんですよね。それに、会社にも自己破産したことが必ず知れるといったことはありません。なので、自己破産しても、自己破産したことを知られずに、普段通り働いていくことが可能なようですよ。しかし、自己破産したことが会社に知れた場合、居づらくなって、自分から退社してしまうといった場合があるようです。