自己破産した場合のデメリットとして、自己破産後の約7年程度は、新しく借入ができないといったことやクレジットカードが作れないといったことがあります。これは、今の世の中では少々不便ですよね。しかしこのデメリットで借金から解放されると思えば、大したことではないのかもしれません。それに、そもそも自己破産する原因となったものであるのですから、その方がいいのかもしれませんよね。この、新しい借入とクレジットカードの作成というのは自己破産以外の他の債務整理をおこなった場合も同じようですよ。自己破産をした場合は、破産者名簿というのに名前が載ってしまいます。これもデメリットではありますが、この破産者名簿というものは非公開のものなんだそうで、ここから周りに、自己破産したことが知れるといったことはなさそうです。また、政府が発行している官報というものにも自己破産した人の名前や住所が載るそうです。しかし、この官報というものは、新聞のようなもので毎日毎日、大量なデータが掲載されているようで、すみずみまでチェックしているといった人は周りにいないでしょう。なので、ここから周囲に、自己破産したことが知れるといったこともなさそうですよ。なので、自己破産しても周りの人間に必ず知れるといったわけではないようです。それに、自己破産しても海外旅行にいくこともできますし、引っ越しも自由にすることが可能です。たまに自己破産すれば、海外に行けなくなると思っている方がいるようですが、そんなことはありません。