自己破産すれば、資産などは差し押さえにあうようですが、自己破産後に得た資産は自分の好きにすることができるそうですよ。こうやって考えていくと、意外に自己破産についてのデメリットというのは大したことがないのかもしれません。この程度のデメリットで、自己破産ができ、人生をやり直せるのであれば、とてもいいですよね。しかし、自己破産の手続きの際に、一時的に資格を失う職業といのがあるそうです。自己破産の手続きが完了するまで職を離れないといけないのは、生命保険の外交員や警備員、弁護士や司法書士などといった仕事の方です。こういった職業についている人たちは、自己破産が完了するまで仕事を離れる必要があるそうなんですよね。また、自己破産というのは、誰でもできるものではありません。自己破産するには、破産と免責という2つが認められることが必要なんだそうです。この2つが認められると、払えないことと払わなくていいことが認められるそうなんで自己破産ができるというわけです。しかし、免責不許可事由というものがあって、ウソの申告や借金の理由がギャンブルなどであった場合には、免責が認められず自己破産できないそうなんです。そうなると、払えないのはわかったが、払っていきなさいといったことになるようですね。債務整理には自己破産の他にも民事再生や任意整理、特定調停といったものがあります。ですので、自分にあった債務整理をおこなう必要があるようですね。